そして明かされる衝撃の事実

 いよいよ始まりました「DT50Rを買って(以下略)」、原付ナンバーの付いたDT50R様が我が家の仲間に加わりました。コンゴトモヨロシク。帰り道は二段階右折のやり方を悩んだりしたり、23号線で乗用車を仏恥義理してから原付の法定速度ってなんぼだっけと悩んだりしましたが、最大の悩みというか懸案事項が急浮上。
 帰りに例によっていつもお世話というか多大な迷惑をかけっ放しジャーマンな鈴鹿のバイク屋に寄ってDT50Rのお披露目をしてきたのですが、このイタリアンな青い奴をよく観察したメカニックの方により衝撃の事実が判明しました。

 エンジンはRS50と同じ

 ・・・・・・実は中身はアプリリアっすかーッ?! 名実共にイタリア車っすかーッ?! サイドスタンドで止めるだけでキャブがオーバーフローしたという伝説のイタ車っすかーッ?!
 その後はきちんと慣らしをすべく、原付の法定速度守って帰ってきたのはいうまでもない。結局、柿色様に続き耐久性が甚だしく疑問なバイク買っちゃったよオイラ。あーうー。

 ちなみに帰路の途中、調子に乗ってキックの鬼をしていたら右足がつって介護なしではバイクから降りられなくなったのはここだけのヒミツです。あーうー。

 「モタアド計画」、前途は多難である。




イタリアの伊達男DT50R


[PR]
by minorukawai | 2005-12-11 03:04 | らりらりらりー

いつのまにか神奈川県民になっていた三重県民がこっそり再開したてきとーなブログ


by minorukawai