休止中


by minorukawai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
彷徨えツーリング
柿色様?!
独逸どどいつ
でーてー様
ツールボックス
らりらりらりー
おろしや国柿色譚
I Live 携帯
etc・・・・・・
故ヘタリアの系譜
元店長日記
未分類

Linkの冒険

最新のトラックバック

三重県民は伊達じゃない!!
from TBI2009への道
三重県民を探せ!
from TBI2009への道
 華麗なる三重県民殿の生..
from ダカールで行ってきます♪
キャンプ/キャンプ
from なるほどキーワード
川合さんからみたHenn..
from 日々の戯言::weblog
Touratech日本上陸
from cafeHELIOS
イエロー登場!
from オザワstyle
冬 眠
from オザワstyle

以前の記事

2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:彷徨えツーリング( 58 )

林道の奥に置かれた重機のカギはたいてい刺しっ放しなのです

 っちゅうワケでようやく帰宅した三重県民です。
 国道42号線が塞がると東紀州地域はマジで孤立します。それが三重県クォリティ。



旧国道42号線


 閑話休題




絶望した!

舗装工事の始まった林道に絶望した!





絶望した!

ゲートが施錠された林道に絶望した!




・・・だそうです。窃盗犯自重。






 なお紀勢自動車道の大台~大内山区間はバリバリ開設工事中。
 果たしてそれは良いことなのか悪いことなのか、オフローダーにとっては複雑な所でもあったり。
[PR]
by minorukawai | 2008-02-08 22:56 | 彷徨えツーリング

謹賀新年



矢ノ川峠旧道からの初日の出


平成20年
西暦2008年
皇紀2668年
仏滅紀元2551年
ヒジュラ紀元1428年
新帝国暦-1590年
データ少佐没前371年

 明けましておめでとうございます
 本年も思うがままに彷徨う三重県民をよろしくお願い申し上げます

 ガショーン


 以下年末年始のコメントへのレス

丘オフローダーさん>
 でも適当に放り込んで蓋すりゃOKのパニアは楽なんですもの~
 あ、今年こそはニアミスではなくちゃんとお会いできることいいナア。

ナルサワさん>
 焼死&凍死はしませんでしたが白ガス1.5Lが単なるデットウェイトになったのは悲しかったです。

総帥殿>
 ロシア本戦ではご一緒できないのでミーティングの時にまたお会いしましょう
 あと矢ノ川峠旧道は峠までのピストン林道です

うなぎさん>
 嗚呼ッ、正月からなんたること。くれぐれもご自愛下さい。
[PR]
by minorukawai | 2008-01-04 01:58 | 彷徨えツーリング

アカハナのトナカイ(後にジャブローで撃墜)

 今日は楽しいクリスマス(イブ)♪



 YouTube1分28秒






 いやあ ばいくって おもしろいですね
 では また おあいしましょう
 さよなら さよなら さよなら
 もーすぐここはーしろーいーふゆー♪
[PR]
by minorukawai | 2007-12-25 10:04 | 彷徨えツーリング

川湯ではGSが貴方を柿色にする!

 すべてはビッグファイアの為に!(挨拶)
 っちゅうワケで11月23~25日は毎年恒例の川湯オフミキャンプに行って参りました。



川湯に咲くは色とりどりのテントの花



 これは元々BMW系バイク乗りコミュニティ(通称美枕)のオフラインミーティングとして始まったものの、為替と株価と世界情勢の変動により気が付けば単なるバイクキャンパーの集いとして半ば独立したものです。この前滞在時間3時間だった戸隠オフミも同じ系統だったりします。
 そして秘かにそこへ柿色を混入させているのがどこかの三重県民。毎年頑張って柿色の布教に務めていますがなかなか改宗してくれないので、今回はADVM関西部会(仮)として他の柿色乗りを召集したのですが応えてくれたのはhassieさん(銀950ADV)だけでした。



千尋峠への道を行くhassieさん



 すでにこの時点でADVM関西部会(仮)秋季合宿としては失敗しているような気がしてならないのだけど気が付かないことにして、東紀州の林道を繋ぎつつ二台の柿色は川湯を目指したのである!



夜の帷に包まれていつまでも続くよこの宴会は


 そして夜は木魂の里でみなと合流して宴会、そして仙人風呂と冬の川湯温泉を満喫します。このキャンプ場は芝生サイト以外なら車両乗り入れ可、直火も可、徒歩数分で川湯温泉、と冬のキャンプにもってこいの場所なのですが・・・・・・田辺市になってから一泊千円に値上がりしちゃったのよね、これが。今回みたいなイベントならともかくソロキャンプではちょっと使い辛くなってしまいました。
 ちなみに三重県民はソロの場合は大人しく上流の大塔川林道でテント張ります。ただしツキノワグマの生息南限域だったりしますが。ヲイヲイ。



GS揃い踏み


 さてそんなこんなで二日目の朝。
「最初に温泉行ってそっからダート組みとロード組みに別れるから安心するアルネ!」と言って参加者を募りながらも出発後に「やっぱめんどいから最初からダート行くわHAHAHAHAHAHA!」と臨機応変な対応で山へ向かいます。



スカイラインダートを背に(川津今西林道)


 えーっと、確か参加メンバーの内訳は
 KTM950ADV、BMW R1200GS、R1150GS、R1100GS、R100GS、HP2、YAMAHAセロー、ホンダSL230・・・・・・だったハズ(←コラ)。
 参加台数は総勢13台で「なんか途中で一台消えそうな数字だよな」などと愉快なことを言いながら三浦峠から護摩壇山へ抜けるスカイラインダートへと向かいます。



柿色二台が先行していきます




実はこれR1100GSです




野営道具積載のまま行くhassieさん




残念ながら(?)今回は凶悪フォグランプの出番はなし




熊野の山々を仰ぎ見る





スカイラインダートを行く YouTube25秒






断崖を行くGSの群れ YouTube29秒






広場をみつけて休憩です YouTube42秒






まてこれは孔明の罠に違いない YouTube2分17秒



 大半の人が無線を持っていたおかげで何とか行方不明者を出すこともなく(未遂は一度あったが:汗)、いきあたばったりのビッグオフ集団林道ガイドツアーはごまさんタワーに着いたところで無事終了。あとは少し遅くなったお昼ご飯をみなで食べて解散となりました。まあ、とは言っても帰路に着いたhassieさん以外はみんな川湯へ戻るのですが(苦笑)。こういう行程が組めるのが三連休の良いところ。
 むろん三重県民は皆と別れてなおも別の林道へ寄ってから川湯へ戻ったのは言うまでもない。

 そんなこんだで再び夜は川湯で盛り上がって今年も川湯オフミキャンプは幕を閉じました。参加された皆さんありがとうございました、参加できなかった皆さんは来年こそお会いしましょう!
[PR]
by minorukawai | 2007-11-25 21:10 | 彷徨えツーリング

アドベンチャーミーティング関西部会(仮)以下略

 オブイェークト!(挨拶 ただしロシアではたぶん通じない) 夜勤前に慌ただしくパッキングしている三重県民だよ。取りあえずこの三連休の連絡事項なんかを羅列しておくぞなもし。

直接の連絡は
 tabinin-kawai@ドコモ.ne.jp(@以降は半角英数字で4649)

23日(金)
 道の駅「奥伊勢木つつ木館」でたぶん10:00頃から寝てます、起こして下さい
 12:00から出発します 光画部時間は適用されます

24日(土)
25日(日)
 取りあえず川湯のキャンプ場に行けばいつか誰かに出会えます

 高速道路をひた走ってくる人はこちらを参考に走行あれ(※pdfファイル)

 林道はそんな変なとこいかないのでオカモチ三点セット装備でも可
 たぶんノーマルタイヤでも可・・・・・・だといいな♪
 お月様がキレイだったら唐突にナイトラン行きます

 川湯キャンプ場へ入る前の商店で一通りの買い出しは可
 食材にこだわる人は新宮市内のジャスコへGO!

 川湯のキャンプ場は車両乗り入れ可
 直火可 マキは売ってるしその辺の枯れ木を伐・・・うわなにをするやめあwせrdtfyぐhじこ 
[PR]
by minorukawai | 2007-11-22 13:00 | 彷徨えツーリング

アドベンチャーミーティング関西部会(仮)秋季合宿のお知らせ

 フタエノキワミ アー!(挨拶)今夜も夜勤ingな三重県民です。

 っちゅうワケで上司をガトツゼロスタイルで脅迫お話したら三連休を頂きました。そして気がつけば柿色ばかりが集まりそうなので


 アドベンチャーミーティング関西部会(仮)秋季合宿


 を勝手に開催したいと思います。以下概要。


■アドベンチャーミーティング関西部会(仮)オータムジャンボフェスティバルin川湯
■11月23日(金)~25日(日)
川湯野営場木魂の里をベースキャンプに世界遺産に登録された熊野古道を巡るフリをしてして紀伊半島の林道を探索することにより690アドベンチャーはいつになったら出るのかを考察するフリをして種類ばかりが増えるBMWのGSとガンダムを重ねて見るフリをしつつWR250Rから見るオフ車の未来を考えるフリをしつつオサムちゃんがX-HEADを発売してくれることを願いつつはやくFFSが再開されることも合わせて熊野の神々に祈りつつその実態は来年のTBIのサポートクルーやってくれる物好きを探すのが目的というのはここだけのヒミツなので語りえないことについては沈黙するしかないのである。

■23日(金)
 昼ぐらい(12:00頃)
 道の駅「奥伊勢木つつ木館」に集合
 大宮、紀伊長島、海山、尾鷲、熊野の林道を繋ぎつつ川湯温泉を目指す
 ※午前中に集合できる人がいる場合には宮川村の迷路林道(蘭越え)調査にご協力頂きます
 夜
 木魂の里でキャンプ

■24日(土)
 朝(08:00頃)
 木魂の里を出発、国道を通る最短ルートで今西地区へ
 川津今西林道~猪笹林道の紀伊半島最長ダートを通り護摩壇山に至る
 あとは付近の林道を巡りつつ最後に大塔川林道を通って川湯温泉へ戻る
 夜
 木魂の里でキャンプ

■25日(日)
 あとは概ね適当に
 たぶん昼まで寝てる

※木魂の里でキャンプについて
 当日同地で開催中の「川湯オフミキャンプ」に合流します。これはキャンプ好きのバイク乗りが年に数回、各地のキャンプ場で集まってかって気ままに楽しむものです。BMW系バイクコミニュティの集いが起源なのでBMWバイク乗りの比率が高いですが、三重県民が柿色様で毎年参加してることからも判るとおり基本的には何でもありのゆるーい集いです。
 もし木魂の里へ先に到着した場合にはBMWバイクが集まっている所へ行って「三重県民に騙されて来ました」といえば万事OKです(?)。

※川湯温泉仙人風呂について
 管理している温泉組合より男女問わず水着着用の指示が出ています。夜間はまあ見えないのでアレですが昼間はゼンラマンしていると口頭で注意を受けることがあるのでご注意下さい。
[PR]
by minorukawai | 2007-11-18 21:08 | 彷徨えツーリング

だから護摩団山なのか護摩山なのかどっちやねん






※本日の報告
猪笹林道~川津今西林道
 ごまさんスカイタワー脇から三浦峠経由で十津川村までダート30km
 全線通行可能
 西半分(護摩団山~鉾尖岳あたり)は例年になく路面がなだらかで走りやすい
 東半分(R425へ下りる分岐~今西地区)は工事車両の通行多い、またそのために路面が固められているものの雨が降るとチュルチュル路面になってノーマルタイヤだと通行困難箇所あり(今日も工事車両が一台スピンして事故ってた)






川原桶林道
 県道733号平地区~県道734号中津川地区
 ダート8km
 東側出口での法面崩落、未だ放置プレイらしい

広域基幹林道 三和片川線
 国道168号三和大橋を渡り熊野川左岸の天瀬川沿いに
 ダート3km+?  (計画的には総延長20kmぐらい?)
 現在開設工事中



※本日のお悔やみ
平川釜落林道
 県道53号平川地区~県道734号池津川地区
 99.9%舗装されました、合掌
[PR]
by minorukawai | 2007-11-12 22:47 | 彷徨えツーリング

ボクらの夏休み・前編~入笠山夏合宿の巻~

 と言うワケで南信州人ナルサワさんの呼びかけでYoshiRally夏期合宿が長野で行われたので、夜勤明けの三重県民はそのまま高速道路を爆走して参加してきました。
 参加者は呼びかけ人ナルサワさん@F650GDを筆頭に、お馴染みYoshiさん@LC4アド、KTM女さん@EXC-R、ムラカミさん@R100GS、三重県民@950アドの五人(ハラケンさん@F650GSは翌日からの参加)。
 例によってデカくてオモたいマシンが大半を占めました。こういう中に居るとビッグオフで林道を走るのはごく普通なように思われますがそれは錯覚だから気をつけろ!



入笠山の支線への入り口


 まずは中央自動車道諏訪南ICで合流したのち、金沢峠を経て町道高嶺線を下るサワヤカルートから始まります。こんなデカいバイクでガレ場やらヌタ場やらいくやつのきがしれないなぼくはHAHAHAHHA(←棒読み)。



疾走するナルサワさん@F650GD


 しかしポンジュース並みに清く正しい三重県民の思いも空しく、やがて何やら怪しい雰囲気のする支線へと連れて行かれます。あーれー。



支線から出てくるKTM女さん@EXC-R


 そこは木の下をくぐったり木の間を抜けたりの半ば廃道となった狭い道。でもガードレールはわりかしきれいな状態で残ってたりするのが不思議だったり余計に不気味だったり。そんなとこではスピードが出せないので我が950アドベンチャーは重さだけが突出して扱いづらくて大変大変。まあ道が広くてもオイラはスピード出せないけどな!
 だーめーじゃーん、それ。



木陰で一休み


 しかし山の上で下界に比べれば涼しいといっても、やはり暑いものは暑いとです。まして950アドベンチャーなんて足元に熱風ヒータ付きなんですってよ奥様!(ただし左側のみ) 木陰や河原で涼を取りながらASWジャケットを着た集団は山を進みます。



いくら暑いからって水の中に・・・(違)


 途中、水溜りで水没事件とか柿色様またクラッチ切れないよ事件とかありましたが、Yoshiさんを始め経験豊富な面々がそろっているのでいづれも事なきを得ます。うーむ、やはりお山遊びはパーティを組むと安心じゃのう。



勢い良く水を吐き出す柿色サイレンサー


 ああ、ところでロシアンラリーから帰ってきたんだからってマディ走行の腕前を期待しないで下さいね皆の衆? 何事にもピンからキリまでってものが存在するんだからね?
 ね?
 ね?
 ね?
 ところでピンとキリってどういう意味なんだろうなあ。え? ポルトガル語?



 ビッグオフでのマディ走行の秘訣、それは↑おとなしく足を出しとけ
(撮影:ナルサワさん)


 
「ところでこの走りを見てくれ。こいつをどう思う?」
「すごく・・レベルが低いです・・・」


ヤハリボクハダメナコデスカ Orz





入笠山は涼しかったとです


 ま、まあ瑣末なことは投げっぱなしジャーマンするとして、本日のお宿に少しでも近づくためにやがて一行は入笠山を後にして南下し始めます。



戸台口バス停は南アルプスへの玄関口


 そしてまだ時間があるからと別の林道に寄り道して、さあ後は大人しく舗装路通ってお宿へ向かおうかとしたその時に本日のメインイベントが!



アアァーッ!


 ナルサワさんの後ろについて走っていてダカールの足下を見てたらかなーりタイヤが凹んでいるジャマイカ、「アグレッシブに空気抜いてんなァ、ディモールドやる気満々ダネ!」と思っていたらただのパンクでした。・・・・・・ロシアでトライアルマシン並みの空気圧で走ってたから何か感覚おかしいです>自分。
 さっそく木陰の道ばたを探して修理開始。道具と人出には困らないのでいよいよ暗くなってくるまでまったりとパンク修理大会を開催してましたとさ。

 ちなみにこの三重県民、今までに釘を拾ってパンクしたことが一度もありませんでした(過去形)。しかしパンク修理はなんべんもしている。その矛盾に関しては回答を控えておこう。決してタイヤレバーで【禁則事項です】なんてしてないんだからね!
ね!
ね!
ね!
 そしてこの時、そんな三重県民は汗水たらしてパンク修理するナルサワさんを観戦する立場だったのであるが、後に訪れる自身の運命をまだ知らない・・・・・・ッ!



→To be continued・・・
[PR]
by minorukawai | 2007-08-18 16:44 | 彷徨えツーリング

アドベンチャーミーティング関西部会(仮)活動報告 OA祭編

 っちゅうワケで去る7月22日、日和田高原で行われたOA祭りに乗じてアドベンチャーミーティング関西部会(仮)と本家の次回ADVM3の下見ツーリングが行われる予定でした

 三重県民(関西部会言いだしっぺ) 950ADV ⇒ クラッチのマスターからフルード流出でクラッチ切れなくなる(パッキン破れ)
 航さん(本家ADVM言いだしっぺ) 640ADV ⇒ 電装系トラブルでエンジンかからず(火が飛んでない)

 言いだしっぺが二人ともトラブル発生
 なんか色々と祟られてませんか関西部会(仮)Orz



柿色ばかり揃いました




トラブルのことは忘れて蕎麦食うぞ~




やはり信州といえば蕎麦なのです




すっかり象印の回し者になる三重県民




中嶋社長自ら原因を探るも・・・




脱ぐととってもスリムなアドベンチャー

[PR]
by minorukawai | 2007-07-24 10:29 | 彷徨えツーリング

コマ図とカマスは字がよく似ている

 まだだ今夜も(以下略)!

 エキサイトブログの障害ですが今朝ぐらいから少しづつ安定してきている模様。ただしトラックバックがログ解析のために一時停止していますが、もとからトラックバック使わない人なのであまり関係はナッシング。・・・・・・ブログの意味ないじゃん、それ(汗)。

 閑話休題


■三重県コマ図ツーリング プランニングのお知らせ

 前々から「作れ作れ」と言われ「作る作る」と言い続けて幾年月、三重県東紀州地域を舞台としたコマ図ツーリングプランをぼちぼち作っていこうと思います。っちゅうても実はだいたいのルートはすでに組みあがっているので、後は距離測定とコマ図作成だけだったりするのですが(←いやそれが一番の問題)。
 先のGSチャレンジの悲喜こもごもな様子を聞いていると「コマ図走行」と「ビックオフでのダート走行」とを分けた方がよさげなので、三重県コマ図ツーリングでは「コマ図走行」のやり方を理解して、慣れ、そしてその楽しさを覚えてもらうことに重点をおきたいと思います。
 テーマは「初級者による初級者のために初級コマ図ツーリング」で。ルート製作者である三重県民が万年初級者ライダーなので、中級レベル以上の人だと全然走り足らない可能性が高いので過度の期待は禁物ですってよ(汗)。


プラン1、ツヅラト峠~国見鉱山まったりコース
 難易度:ダート走行未経験者~初級
 走行距離:たぶん70kmぐらい
 ダート:林道3本、15kmぐらい?
 大紀町(の旧大宮町)を中心に広域基幹林道やツヅラト峠をめぐったり国見鉱山の延々と続くベルトコンベアと併走したりする観光コース。明るいうちに帰ってこられるハズ。たぶんモタード車両でもまったくもって平気。

プラン2、熊野界隈林道めぐりコース
 難易度:初級
 走行距離:150kmぐらい?
 ダート:林道5~7本、60~80kmぐらい(行き止まり林道の往復分含む)
 紀伊長島町から尾鷲市にかけてひたすら行き止まりの林道へ突入しては引き返してを繰り返す。ダート走行距離は林道の復旧工事によって大きく増減があるので注意。
[PR]
by minorukawai | 2007-06-16 22:38 | 彷徨えツーリング