時代を超えて

 突然ですが年末まで日曜と月曜が休日になりました
 ・・・・・・えっ? ってことは今週末の川湯キャンプどーすんだよ自分。はぐぅ。

 さておき、そんなワケでいきなり勤務や休日がズレて中途半端な平日の休み。さしあたって行きたい所を思いつかなかったので、いつものように矢ノ川峠の旧道へお散歩です。



当時のままのトンネル


 ところでこの三重県民は春夏秋冬関係なく雪が降っても旧道に通い「矢ノ川峠旧道の達人」を自称しておりましたが、本日、その矢ノ川峠旧道で最上級の達人に出会ってしまいました。何が最上級かっていやぁそりゃ何たってこの旧道が現役の国道だった時代当時この峠をバスを運行させた運転手、最後の生き残りだからです。しかも全くもって無事故で路線廃止まで勤めたってんだからかないません。
 ちなみに曰く「当時と路面は余り変わってない」そうで。・・・・・・ってことはこんな道でボンネットバス走らせてたんかよ、をい。他にも崖堕ちしたトラックを米軍払い下げのウエポンキャリアで引き上げたとか、色々面白い話を聞かせてもらいました。

 でもってその矢ノ川峠の映画まであったりします。その映画の上映会が来月行われるそうでな。その辺のイベントの詳細は「東紀州ほっとネット くまどこ」を見て下され。オイラに聞かれても知らないよ?(笑)



冬の日の ぬくもりやさし 茶屋のあと






◆おまけ 今日の謎


広報たいき11月号より

 帰りに阿曽温泉に入ってのほほんしてたら、休憩所に大紀町の広報誌を発見。これはその最終ページになぜか載ってる漫画。それ以外はごくごく普通のありきたりな広報誌。4コマ漫画のハズなのに号によって3コマだったりこのように1コマだったりする。そして大紀町のホームページでバックナンバーが見られるゾ
 ・・・・・・やはり三重県には謎が多い。
[PR]
by minorukawai | 2006-11-20 22:34 | 彷徨えツーリング | Comments(0)

いつのまにか神奈川県民になっていた三重県民がこっそり再開したてきとーなブログ


by minorukawai