果無の峰を求めて(前編)

 臓物をぶちまけろ!(挨拶) 彷徨える三重県民の川合稔です。10月7~9日の三連休は果無山脈目指してでーてー様をひた走らせておりました。




 初日。出発が遅かったので高見峠で日没。峠を越えた先の道ばたにある東屋でヘネシーハンモックを展開するの図。そういや去年の夏も自転車ツーリングでここにテント張ったっけ。





 高見峠を越えた後は吉野川沿いを進み高野山へ向かいます。が、完全に観光地化した高野山は無視して高野龍神スカイラインへ。そして護摩団山にたどり着いてからが本番だ!  ・・・・・・って全然果無山脈っちゃうやんそこ。看板に偽りありんす。





 未だ中に入ったことのない護摩団山タワーの脇から林道へ入ります。それこそが紀伊半島最長を誇る猪笹林道~今西林道(←名前違うかも)。護摩団山~鉾尖岳~崖又山~熊野古道三浦峠と標高1000mの稜線を行くダート区間30kmの林道です。




 護摩団山から入ってすぐと、国道425から入ってすぐの二カ所にゲートがありますが、鍵はかかっていないので開けたらきちんと閉めてから中に入ります。だから無理にゲート脇の壁面を登るな~土崩すな~直すのワシらやぞ~とのこと(汗)。




 護摩団山~分岐までは割と荒れ気味。しかし分岐から三浦峠の区間はフラットできもちよく走られます。が、H18年10月現在は伐採作業中なのと壁面の防災工事(?)で工事車両などの通行があります。お尻を滑らせて走る際は対向車に十分注意を。




 空高く、山遠く、そよぐススキに何を想うか三重県民。
[PR]
by minorukawai | 2006-10-16 00:18 | 彷徨えツーリング | Comments(0)

いつのまにか神奈川県民になっていた三重県民がこっそり再開したてきとーなブログ


by minorukawai